地震に強い壁を実現!! スーパーエルエル釘

0

    今、壁が危険!!


    スーパーLL釘1

    *地震の備えは万全ですか?? 木造住宅の50%以上が危険信号!!


    日本は世界でも有数の地震多発国です。
    私たちの生活と地震とは切っても切れない関係にあるといえます。
    しかし全国の木造住宅の半数以上が地震時に倒壊の恐れがあると言われており、
    それらの背景より木造住宅に関する耐震補強が叫ばれ、
    数々の補強手段が生み出されてきました。
    その中で、肝心の釘に関しては盲点となっているのが現状です。

    地震などの大きな揺れを受けると、
    壁の合板に浮き上がろうとする力が働くため、
    止め付けている釘がひき抜けてしまい、
    住宅の変形を防ぐ役割を果 たせなくなります。
    また、釘が引抜けなくても釘頭が合板を貫通してしまい、
    最悪の場合倒壊の危険性も出てきます。

     

    スーパーLL釘2


     

    ●釘のめり込みが壁構造に与える影響

    壁合板の止めつけに用いる釘は建築基準法によって定められています。
    (軸組工法の場合−鉄丸くぎN50、枠組壁工法の場合−太め 鉄丸くぎCN50)
    この基準は、所定の釘を用いて、,瓩蟾み無く、定められた間隔で
    止めつけた時の壁強度を最低限の性能としたもので、
    定められた釘を使用しても´△守れなければ最低限の性能を満たせないことになります。
    現在、壁合板の釘打ちには釘打機が広く使用されていますが、
    釘打機は一定圧力で釘打ちするのに対し、木材は箇所によって堅さにバラツキがあるため、
    どうしても釘のめり込みが生じてしまいます。

     

    スーパーLL釘3

    また、止めつけた合板表面に仕上げをする際に、釘が浮いていると美しく仕上がらないため、
    始めから多少めり込むように圧力設定して釘打ちされることが多く、
    箇所によっては耐震構造的に致命傷となるほど深くめり込む場合もあります。

     

    詳細・ご購入はこちらから

     


    関連記事

    コメント
    コメントする








       



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    最新記事

    記事カテゴリー

    これまでの記事

    コメント

    profile

    記事から検索

    mobile

    qrcode

    others