包丁の出来るまでの工程。

0

    刃物の町、福井県 武生に見学に行ってきました。包丁は、世界に誇る伝統文化であり、海外の方に人気です。

     

    包丁は様々な工程があり、それぞれに専門の職人さんが作業します。

     

    まず、鍛冶屋さんで包丁のベースを鉄を叩いて製造します。いわゆる型作りです。鍛冶屋さんの仕事はここまで。

     

    包丁の型

     

    この型を、刃付け屋さんに送られます。

     

    包丁の荒研磨

     

    刃付け屋さんにて、型の歪の修正、研磨、刃付けの工程が行われます。この大きな砥石で、荒仕上げを行います。にじ

     

    包丁の研磨風景

     

    続いて仕上げの第二工程。

     

    包丁の研磨風景1

     

    最後に仕上げ砥石で刃を付けて、刃付け屋さんの工程は完了です。

     

    包丁の研磨風景2

     

    ここから、問屋さんに送られ、柄をつけて箱詰めされて出荷されます。

    この輝き、素晴らしい出刃包丁の完成。

     

    包丁の研磨後

     

    このような順番で出来上がりです。鍛冶屋さんの技術、刃付け屋さんの技術の結晶です。き

     

    包丁の完成まで

     

    一つの包丁を造るのに、これだけの工程が必要です。それぞれの技術の結晶です。大切に使いたいですね手

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    関連記事

    コメント
    コメントする








       



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    最新記事

    記事カテゴリー

    これまでの記事

    コメント

    profile

    記事から検索

    mobile

    qrcode

    others